相続について揉めた

FOMCに振り回される為替相場

今年はFXで稼ぐにはなかなか難しい相場でした。
考え込む前にコチラの山口孝志をご覧になりませんか?
毎年10月11月は為替相場が荒れる傾向にありますが、さすがに今年は何もなさそうです。
解決への第一歩は山口孝志をお読み下さる事から始まります。
これといった材料もなく、FOMCの金利利上げがいつになるかが争点になるくらいです。
このサイトにたどり着いたのも何かの縁山口孝志をご覧頂ければ幸いです。
アメリカドルにお金が流れるのか、日本円に一旦預けておくかの2点しかありませんでした。
是非コチラのサイト山口孝志にいらしてご検討ください。
円相場は一年前は120円から125円を推移していましたが、今や103円台をうろうろしています。これは昨年からアメリカが近々金利を上げてくるだろうという期待感からドルが強かったためです。それがじりじり下がってきたのはいつになってもそのサインが見られなかったからです。そうなると市場は弱気になり、リスクオフで円に流れます。そのためいくら日本銀行が追加の金融緩和策を打ち出しても円安に振れませんでした。そして秋になってようやく追加利上げの期待感が高まってきました。さすがに12月には上げてくるだろうと市場関係者は見ています。直近の雇用統計も悪い数字ではなく、アメリカ経済の力強さを表す数字を出しています。利上げの材料は十分そろったと思いますが、もし12月のFOMCでも見送られるともう1ドル100円を切ってしまうかもしれません。
詳細はコチラ山口孝志に掲載してあります。