相続について揉めた

税理士の仕事内容について

詳細はこのサイト⇒大田区 税理士ご紹介します。
税理士の仕事の内容を簡単に言うと、納税者の納税の申告を手伝うことです。
本来納税者は、納税に関して自ら申告することができます。自分で計算して、税務関係の書類を作成して、納税するための「申告納税制度」が日本では認められているからです。
その際に納税者は税無関係の書類を作成し、税務署へ申告しにいくわけですが、専門知識のない一般の方にとっては、そう簡単にいく作業ではありません。税務関係の書類を作成して提出するための、会計帳簿の作成や税務と会計に関する専門知識を持っていなければ、準備と手続きは非常に手間がかかるものだからです。
税金に関する業務である、税務代理と税務書類の作成と税務相談は、税理士にしかできない仕事です。これは専門的な意味合いでできないというわけではなく、これらの3つが税理士にとって、日本国内での独占業務となっているからです。このような手続きを代理でこなす仕事が、税理関係のプロフェッショナルである税理士という仕事です。