相続について揉めた

父親が亡くなり永代供養をしてもらうことになりました

先日私の父親が亡くなり、私の父親の遺言で父親が好きだったある寺院で永代供養をしてもらうことになりました。私の父は生きているときはとても厳しい父親でしたが、死んでから遺族に迷惑をかけたくないという理由で、遺言に永代供養をしてくれと書いてあったのです。
お探しなら宮城 永代供養←が便利です。
父親は無口な男性であり、家族ともまともに会話をしたことがなかったのですが、やはり家族のことは人一倍大切に思っている人間であり、私たちのこともきちんと気遣っていたのだとあらためて実感しました。
永代供養を行えばお墓の面倒さがなくなりますので、私たちにとっても負担が少なくすみ便利であります。
父親から遺言のあった永代供養をしてくれる寺院は家から1キロぐらい離れた場所にあります。そこの住職さんに話をすると、生前父親がよくこの寺院に足を向けていたようです。父親と住職さんは数回話したことがあるようで、住職さんも父親の永代供養を引き受けてくれました。
父親には死後の世界ぐらい幸せに暮らして欲しいと願っています。