相続について揉めた

初めて親知らずを抜いた時の話

右上の親知らずがどうも虫歯になってしまったらしく、冷たい飲み物を飲むと痛みが出るため、
数年ぶりに歯医者に行くことにしました。

 

子供のころに歯医者で痛い目にあったのがトラウマになってしまっていて、
ずっと歯医者に行っていなかったのですが、痛みが激しくなってしまったので仕方ありません。

 

行きつけの歯医者もなかったので、とりあえず痛くない歯医者はないかと
サイトで検索していたのですが、「無痛治療」という文字を見つけ、
池袋にあるハルデンタルクリニックに行くことにしました。

 

予約当日、本当に無痛なのかなと心配になりながら歯医者に到着。
できたばかりなのか、結構きれいな歯医者でした。
ここでしょ→名古屋 審美歯科はよかったですよ。

 

順番を待つこと10分。
とうとう親知らずを抜くことになりました。

 

私の親知らずは、生えている方向があまりよろしくないらしく、
歯医者の先生も「う〜ん」という感じでしたが、
「今日抜いちゃいましょう」という軽い一言で、当日抜くことになりました。

 

まずは麻酔をするわけですが、これがなんと痛くない。

 

しばらくすると口の右上の感覚が完全になくなり、
先生が「じゃ、抜きましょうか」言うので、身を任せていると。

 

「はい、終わりました〜。」

 

えっ!?

 

という感じです。抜くのに5秒かかってないんじゃないですかね。
全く痛みを感じずに終わったので、歯医者も進化しているんだなと感心しました。

 

そして、他に虫歯があったようなので、別日に予約をして、めでたく常連になったのでした。