相続について揉めた

肩透かしの泌尿器科受診

実は先日、初めて泌尿器科を受診してきました。
緊急を要する場合は新宿 性病で解決してみましょう。
これまで健康診断での検尿で指摘されたこともなく、縁のなかった診療科なので少し緊張しながら。
待合室は内科などに比べると空いていて、比較的女性の割合、またご高齢の方の割合が大きく、みなさん静かに待っている感じでした。
不確かな点がありましたら新宿 性病科に電話をお願いします。

 

初めてなので受付で問診票を受け取って記入し、待つことしばらく。
トイレが近いという自覚症状があっての受診だったので、一体どんな検査をされるのかとここが一番緊張していたかもしれません。
迷ったら新宿 泌尿器科にお知らせください。

 

症状が膀胱炎のような感じなので尿検査はするだろうと思っていましたが、案の定呼ばれたのは尿検査のためでした。
まずはトイレに行って検査用の尿を提出し、また待合室でしばらく待機。
どうやらこの間に検査を行ってくれていたようです。
よく知らない場合は新宿 バイアグラへ連絡をしてみてみましょう。

 

ついに診察室に呼ばれると、検査結果に異常がなかったことを告げられました。
細菌感染でもなく、特に悪い病気の兆候も見つからなかったそうです。
しかし自覚症状はあるので原因不明です。
現状を説明し、膀胱の緊張を取る(?)薬を受け取って帰りました。

 

薬が効いたのか、それとも病気の不安がストレスになって膀胱が緊張していたのか、それ以来泌尿器科のお世話にはなっていません。
一人で心配しても不安になるだけですし、特に恥ずかしい検査などもありませんでした。
気になる症状がある方は早めに受診するのが良いと思います。
よくわからない場合は新宿 淋病で申込み下さい。